赤木楠平xMOZYSKEY 新入荷アイテム

巳69

4,620 yen

DETAILS
写真家・赤木楠平とグラフィティアーティスト・MOZYSKEYによる合作アートワーク集。
Edition of 200 copies

1977年生まれ、巳年の2人は、編集者の故・林文浩(DUNE/THE LAST GALLERY)を介し出会う。その後それぞれの国内外での活動を経て2019年に再会、『MIX』をテーマに合作制作を始動。 赤木の写真にMOZYSKEYがドローイングを施すことでこれまでにない新鮮なテクスチャーが生み出されている。 亡き林氏に捧げられた本書は、同作品群を104ページにわたって掲載。

赤木楠平(あかきナンペイ)/写真家
最後のアナログ世代として2000年に日本大学芸術学部写真学科卒業後、渡英。帰国後、写真家として活動する。“写真”をテーマに、キテレツ爽展開なドライブを追従。2013年、ポーランドが拠点の写真家集団「Czulosc」(感度)に、初の外国人メンバーとして参加。写真という枠組みに捕われることなく、FRESHMOVEな活動を展開している。現在、自身の最新のテーマである“FRIENDSHIP”を追っている。

MOZYSKEY(モザイスキー)/グラフィティアーティスト
東京を代表するグラフィティアーティスト。1990年代より東京を拠点にグラフィティカルチャーの様々なアプローチを展開。アルファベット、かな文字、漢字が混在するグラフィティは人々の注目を集め、これまでに『X-COLOR』/グラフィティ in Japan(水戸芸術館/2005年)、『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』(森美術館/2010年)、サンフランシスコ、ロンドン、東京の3都市のギャラリーを巡回したグループ展『SHINGANIST』(2009〜2010年)などの展覧会に参加。

ソフトカバー、21.0 × 29.7 cm、フルカラー、写真×ドローイング、104ページ
TANG DENG 2020
MATERIALS
SIZE

カートに入れる